留学前にすべきこと

留学が決まったら、日本にいる間にやっておいたほうが良いことがいくつかあります。それはなるべく英語の基本を身につけていくということです。現地に行って英語のシャワーを浴びていれば簡単に語学力は上達すると思っている人が多いようですが、実際は英語の基礎力が付いていなければ現地でいくら一日中英語に触れる機会があっても、スピーディーな英語の上達は望めないことが多いのです。基礎力あってこその英語力向上というわけです。

海外へ出発するまえに、まず中学校の英語の文法や構文、そしてボキャブラリーについて総ざらいするようにしましょう。この基礎をしっかり頭に叩き込んでおけば、留学初日からそれほど困ることもありません。英会話は中学校程度の基礎さえきちんと押さえていると意外に言いたいことは言えたりするものです。

ただしヒアリング力に関しては、現地でゆっくり時間をかけて慣れていくしかないでしょう。現地でヒアリング力向上に集中するためにも、文法力や語彙力の基礎は日本で学習しておくべきなのです。